「電力自由化」に続き、2017年4月から「ガス自由化」が実施され始まめました。

そもそもガス自由化が行われた目的や課題について気になる方はコチラの記事にまとめています。

ガス自由化の目的とは?課題と今後を徹底解説

さて、この記事ではガス自由化がもたらすメリット・デメリットをまとめました。料金が安くなったり、サービスプランが増えたり、キャッシュバックキャンペーンが始まったり、恩恵は大きそうです。

ガス自由化のメリット

ガス自由化のメリットから見ていきましょう。まとめると以下の通りです。

  • ガス料金が安くなる
  • ガス以外のサービス面向上
  • ガス業界が透明化する

1つずつ解説していきます。

ガスの料金が安くなる

最初のメリットは、ガス料金が安くなる可能性が大いににあるということです。

その理由は、様々な企業が競争するためです。今まではガスを安定的に供給するために、ガスの供給は地域ごとに1つの事業者に限られていました。

つまり今までの独占的な市場が競争市場になったと言うことです。実際にauやソフトバンクといった通信会社のような会社が参入したことでお得な料金プランが出始めています。

ガス会社を切り替えるだけで、年間で数万円安くなるケースも出始めました。また、ポイントによる還元もで始めたので、支払う金額はあまり変わらないけど、ポイントで戻ってくるケースです。

ただし、安全面や安定性の基礎部分に関しては、既存のガス事業者が継続して担当しするので、安心です。

キャッシュバックなどについて知りたい方はコチラも参考にしてみてください。

ガスの自由化でキャッシュバックはもらえるの?金額の相場と会社の選び方

ガス以外のサービス面向上

2つ目のメリットはサービスの向上が見込める点です。

すでに料金が安くなる理由で説明した通り、ガス自由化によって様々な企業が顧客に選んでもらうために、競争を繰り広ています。その競争によって、以下のような付帯サービスが登場し始めました。

  • 高齢者の見守りサービス
  • 駆けつけサービス
  • ガス器具10年保証

企業は、これらサービスを充実させることで他社と差別化する狙いがあります。これもやはり他企業から顧客を獲得することで売上を上げるためですね。消費者にとっては値段も下がり、サービスも向上するのですから嬉しいですね。

ガス業界が透明化する

ガス自由化によって起こる影響として、ガス業界に透明性が生まれることが期待されています。

今回のガス自由化は、都市ガスにおける変更ですが、プロパンガスはもともと自由競争市場でした。そのため、ガスの値段やサービスを決めるのは事業者で、自由に定めることが可能です。

しかし、地域によっては特定のガス会社しかなく選択肢がありませんでした。つまり、今までは事業者の言い値でガスを利用するしか出来なかったのです。同じだけのガスを使っているのに全く料金が異なるというケースも存在します。ガス業界は、実は透明性があるとは言えない業界なのです。

そこに、プロパンガスを扱い始める新たな事業者が登場してきたことによって、今まで高い金額でガスを提供してきた独占的な立場の事業者が窮地に立たされ始めました。

国も自由競争を促進する施策を打っていて、料金を原則開示・公開するように求めています。すぐには難しいと思いますが、ガス業界の透明性が向上していくことも消費者にとっては嬉しいことと言えます。

ガス自由化のデメリット

続いて、ガス自由化のデメリットを紹介しますね。

  • 都市ガス未整備の地域はガス自由化の恩恵が薄い
  • ガス料金が逆に上がる可能性もある
  • 高額な違約金を請求されるかも

順番に説明します。

都市ガス未整備の地域はガス自由化の恩恵が薄い

ガス自由化とは、都市ガスにおいてのみ行われたものです。なのでプロパンガス(LPガス)によるガス供給を受けている地域は、なかなかガス自由化の恩恵が薄いのが実情です。

ただし、すでに書いた通りプロパンガスの市場はもともとが自由競争なため、ガス会社を切り替えることが以前から可能です。もし事業者が複数いる地域であれば、乗り換えによって大幅に価格が下がることもあるので諦める必要はありません。

もしご自分の地域で乗り換えが可能かを調べたい方はコチラのサービスを使ってみるとよいでしょう。


enepiを試してみる

ガス料金が逆に上がる可能性もある

ガス自由化のメリットとして、料金が安くなると書きましたが、逆に料金が上がる可能性が出てくることも考えられます。

都市ガスの原料は液化天然ガスで、海外から輸入しています。そのため仕入れ価格が高騰した場合、その影響を直接受けます。また、プランによっては、余計なサービス料が追加されるなどして実際には価格が高くなってしまうケースも考えられます。

ガス会社を見直す際は注意深く検討が必要です。

ガス会社を乗り換える際に高額な違約金を請求されるかも

ガス市場は、一度契約すると乗り換えが少ないのが特徴です。そのため、各社は顧客を獲得するために様々な特典を用意しています。例えば、「設置コスト無料」や「ガスコンロ無償提供」などです。

企業は顧客獲得のために初期コストを多めに出していることになるので、早く解約されてしまうと元が取れません。そのため、数ヶ月以内での解約時には高額な違約金を請求されてしまうケースが発生することが考えられます。

引越しの際や乗り換えを検討する際は、見た目の特典やキャッシュバックに惑わされずに毎月の価格がきちんと安いのかを見るようにしましょう。

まとめ:毎月の固定費が下がる会社を見つける

ここまでガス自由化によるメリットとデメリットをまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか?

自由競争になったことによってガス以外を得意とする通信会社や電力会社が参入し、さまざまな割引プランやキャッシュバックキャンペーンが登場しました。

これらをうまく活用することで今までに比べガス料金を下げることができるでしょう。

一方で、たくさんのプランや事業者が出ているために「どこの会社を選べばいいの?」と迷うケースも増えています。そんな方は、毎月のガス料金が一番安い会社を選ぶようにしてください。

なぜかというと、どんなにたくさんのキャッシュバックがあるとしても毎月の支出が高いままでは家計の状況は良くなっていきません。

まずは、毎月の料金プランが安いガス会社を見つけましょう。