今あなたが契約しているガス会社を変えることができるってご存知でしたでしょうか?
ガスの自由化により、ガス会社は自分で選べるようになりました。

このおかげで、消費者のガス代を抑えられるチャンスができたのです。中には、以下のように思っている方もいるでしょう。

  • 「ガス代をもう少し安く抑えられないかな?」
  • 「ガスの自由化のメリット・デメリットはあるの?」
  • 「そもそもガスの自由化って何?」

これらについて、こちらの記事で簡易的にわかりやすく解説していきます。
ぜひ一読してみていただければ、嬉しいです。

ガスの自由化の歴史とは?

まず、ガスの自由化とは何なのかについてお伝えします。2017年4月、ガス事業法が改正されました。

どんな改正かと言いますと、2017年4月まではガスを使うにはその地域で指定された都市ガス会社と契約することが法律で定められていました。東京在住であれば東京ガス、大阪在住であれば大阪ガスと決まっていたのです。

つまり、この法律が改正されるまでガス市場は独占状態。これが一変、2017年4月以降にどんな会社でもガスを売ることができるようになりました。よって、お客様がガス会社を自由に選択できるようになったのです。

これをガスの自由化と言います。なお、ガスの自由化が最初に始まったのは1995年、年間使用量200万立方メートル以上の大口部分の自由化です。これに続き、以下のように徐々に自由化の範囲が広まっていきました。


そもそもどうしてガスの自由化が適用されるようになったのでしょうか。
この政策を取った理由は主に以下のものです。

  • ガス安定供給の確保
  • ガス料金の値下げ
  • サービスの向上

ガス安定供給の確保

数少ないガス会社のみにガスの安定供給を頼るのは少し怖いです。なので、多くのガス会社が市場に参入できるようにしたのです。

ガス導管網の整備も行われるようになるので、災害対策の強化にもつながります。

ガス料金の値下げ

世界の中でも、日本のガス料金は高いと言われていました。世界と国内のガス料金の差を少しでも埋めるために、ガスの自由化で価格競争を促し、ガス料金の値下げにつながる仕組みを作りました。

サービスの向上

さまざまな企業がガス市場に新規参入するので激しい競争が生まれます。この競争の中で勝つために企業はサービスの強みにどんどん注力するようになるでしょう。結果、サービスの向上を期待できます。

世界で最初にガスが使われたのは1792年のスコットランド

世界ではじめてガスが使われたのは、1792年。今から200年以上前のことです。スコットランドのウィリアム・マードックという機械技術者が石炭を蒸し焼きしてガスを生み出し、「ガス灯」を発明しました。その後、徐々にヨーロッパにもガス会社が設立され、広まっていきました。

一方、日本でガスが普及したのは少し遅れて、1872年の頃、明治時代。ガス灯が文明開化の象徴となり、日本を明るく照らしました。

その後、1900年頃になると、ガスの利用用途が「明かり」から「熱」へ変わっていきました。

このようにガスの役割が「熱」にシフトされ、料理やストーブ、お風呂など家庭内で利用されようになり、ガスが国民にとってより身近になったのです。

ガスの使用料でどんどん自由化していった

実は、プロパンガスはもともと1996年から自由化がされました。

ガスの自由化により、さまざまな企業が多様な料金プランを提案しました。これにより、消費者側はあらゆる料金メニューを比較し、自分に合った料金プランを選びやすくなったのです。

ですので、今一度自分が使用しているガス代を見直してみるといいでしょう。ガスを提供している会社が増えているので、しっかりと各々の会社の料金や評判を比較し、検討して決められればガスの節約に繋がります。

まずはプロパンガスが自由化!背景や狙いは?

そもそもプロパンガスとは何なのかをご説明します。ガスには基本的に「都市ガス」と「プロパンガス」の2種類があります。両者の主な違いは原料と供給方法にありますよ。

まず、原料の違いについてです。
都市ガスの原料はメタンを主成分として持つ天然ガスですよ。
一方でプロパンガスはプロパン・ブタンを主な成分として持つ液化石油ガスが原料です。

そして、供給方法の違いに関してです。都市ガスは道路の下のガス導管を通じて供給されますが、プロパンガスはガスが入ったボンベで運ばれます。

ですので、プロパンガスもガス会社によって料金が異なります。
プロパンガスを使用しているご家庭は、今一度ご自身が契約しているガス会社の料金を他の会社と比べ、ガス代を節約できる可能性は無いかしっかり調べる必要があるのです。

現在のガス自由化の問題点とは?

現在のガス自由化の問題点は、以下のものです。

  • ガスの安定供給
  • 地方格差

ガスの安定供給

ガス事業をスタートしたての企業のガスに切り替えるのってやはり安全面で少し不安になりますよね。

ガス事業の長い歴史がある企業の方が技術的にも優れていそうで、随分と心強く思えます。
しかし、安心してください。ガスの安定供給の面では、とくに変わりはありません。
なぜなら、すべてのガス会社が同じガス管を使用するからです。

管理するのは今まで通り、ガス管を管理してきた会社なので、新しく参入した会社のガスの安全性が低いという優劣の差はありません。

また、新しく契約したガス会社が倒産したらすぐにご自宅のガスも使えなくなるという問題もありません。

そういったトラブルが起きた場合でも、トラブル後1ヶ月間程度は継続してガスを使用できるという「最終保障供給約款」という決まりで保障されているからです。新しく契約するガス会社を選ぶ猶予が1ヶ月程度あるので、安心です。

地方格差

都市部の方が集客しやすい為、都市部でガス事業に新規参入する会社が多いです。

この為、地方は都市部ほどガスの自由化の恩恵を受けられないという格差問題があります。
ですので、地方だと今まで通り、選べるガス会社が少なく、ずっと同じ会社で契約しなければならないというのが現状です。

ガスの自由化の恩恵を受けよう

ガスを販売する会社は全国に2万社あると言われている自由化の影響でガス事業を展開するガス会社は昔よりも増えています。つまり、高額な料金を請求する怪しいガス会社もあれば、安くて値上げもしない良心的なガス会社もありますよ。

ですので、このガスの自由化の波にうまく乗るには、今自分が契約しているガス会社と他のガス会社を比較し、吟味する必要があります。

とはいっても、ごまんとあるガス会社の情報収集を自分で行うのは非効率でかなり大変だと思います。 プロパンガス業界に詳しいプロに相談した方が圧倒的に早いですよね。
そこでお勧めしたいのがこちらのエネピというサイトです。

こちらのエネピでは、プロパンガスの料金比較のお手伝いをしてくれます。
切り替え手続きや仲介手数料も一切かかりません。
今の自分のガス代が安いのか高いのかを教えてくれたり、あなたに合った最適なガス会社を紹介してもらえます。

気軽に相談できるプロがいればいいのに…。と思い悩む方は一度、無料でガス代を見積もってもらうといいです。 安心して納得のいく形であなたに合うガス会社を決めることができるでしょう。


enepiを試してみる