「お金がなくて不安」
「お金に関して、気がつくと心配している」
「もっと貯金がほしい」

と思っていませんか?

日本では、お金に関する話題はタブー視されているので、「どうしたらいいのかわからない」と途方にくれている方も多いものです。

私もお金に関する知識が少なすぎて、1日の食費が200円以下という極貧生活を1年間過ごしました。しかし、現在はお金の知識を付けて、20代ながら同年代の3倍ほどいい暮らしをできています。

この記事では、お金の不安を感じている方にぜひ実践してほしい内容をまとめました。

お金がない不安の原因

お金がなくて不安になってしまうのはなぜなのでしょうか?

「お金がないんだから当然でしょ」と思う方もいるでしょう。

具体的に言語化すると、以下の3つが主な原因です。

  • ①現在の収入や貯金が少ない
  • ②将来、収入が途絶える
  • ③突然の出費がある可能性がある

①現在の収入や貯金が少ない

当たり前といえば、当たり前ですが、現在の収入や貯金が少ない場合は、お金の不安が付いて回ります。

私の場合は、もっと状況が悪い時期がありました。それは、借金です。貯金がないどころかマイナスだったので、「自分には価値がないのかな」とメンタルがボロボロでした。

②将来、収入が途絶える

「今は高所得だけど、お金の不安がある」という人もいるでしょう。

逆に高所得の人の方が今の職場を離れた後に収入が減りやすいので、お金の不安は大きいことがおあります。時給800円の仕事はいっぱいありますが、時給5,000円の仕事は職種が限られますからね。

③突然の出費がある可能性がある

病気や怪我などで突然の出費の可能性があるときもお金の不安を強く感じます。「自分は大丈夫だけど、親が寝たきりになってお金がかかるようになったらどうしよう」と考えるとお金がいくらあっても足りないようにさえ感じるかもしれません。

お金がない不安を解消する5つの方法

それでは、具体的にどうすればお金の不安を解消できるのかを伝授します。

主な方法は以下の5つです。

  • ①家計簿で月々の経済状況を把握する
  • ②節約して支出を減らす
  • ③副業で収入をアップ
  • ④本業でのキャリアを考える
  • ⑤人間関係に投資しておく

①家計簿で月々の経済状況をする

まず第一に家計簿を付けて毎月の経済状況を把握することが大切です。

「家計簿なんてつけても収入は増えないんじゃないの?」と思うかもしれません。しかし、もしあなたが家計簿をつけていないのであれば、 どこが出血している状態かわからないまま傷の治療をするようなものです。

家計簿をつけると「意外とここにお金を使っていたんだな?」というお金の出口が見つかります。とくにスマートフォンや光回線を契約した時に契約したオプションが、そのままのことがあります。

他にも「使っていないスポーツジムの会費が引かれていた」なんてことも。めんどくさい気持ちはわかりますが一度家計簿をつけてみることがオススメ。

②節約して支出を減らす

古典的な方法ですが、節約をして支出を減らすということもお金の不安をなくす上では大切です。 たとえば外食を減らしたり、スーパーの半額のお惣菜を買ったりすることで支出を減らすことができます。

生活水準は一度上がってしまうと下げると、一気に下げるの大変です。徐々に下げていくことがオススメです。

③副業で収入をアップ

「すでに限界まで節約をしている」という人もいると思います。そういう方は副業をすることがお勧めです。「副業したいけどアルバイト先で職場の人に会って、副業がばれたら嫌だ」と思うかもしれません。ご安心ください。

今はクラウドワークスやランサーズで自宅にいながら副業ができます。

④本業でのキャリアを考える

大きく収入伸ばしたいのであれば副業よりも本業のキャリアを考えることが重要です。

たとえば、上司に「お金に困っているわけではありませんがどうやったら給料が上がりますか?」という風に相談してみるのがよいでしょう。

また今の職場で給料が上がらないという場合は思い切って転職を考えてみるのも手です。よく「転職したいと思っているけど不安」という人もいますが、転職は誰でも不安なものです。いくら不安を感じてもお金を借りませんので、エージェントは転職経験者に相談してみることをお勧めします。

⑤人間関係に投資しておく

最後は、上級テクニックです。それは人間関係に投資しておくこと。 どういうことかというと、会社を経営しているような人と仲良くしておくのです。

会社を経営している人の中でも、10名以上社員を雇っているような中小企業の経営者であれば理想的です。中小企業の経営者と仲良くしておけば、 困った時に相談に乗ってくれたり仕事を斡旋したりしてくれます。

言い方は悪いですが、あなたのセーフティネットになってくれるのです。またすがる目的で付き合わなくても、お金を稼いでいる人と付き合うことで年収が上がる考え方を身につけることができます。『金持ち父さん貧乏父さん』の作者、ロバート・キヨサキも「あなたがもっとも長く付き合う人、上位5人の平均年収があなたの年収になる」 という言葉を残しているので、できるだけお金持ちの人と付き合うようにしましょう。

「お金持ちの人なんてどうやって知り合えばいいのかわからない」 という人も多いと思います。 そういう人は広告関係のセミナーに参加することがお勧めです。 広告関係のセミナーには、経営者が来ることが多いのでお金持ちの経営者と仲良くなりやすいですよ。

まとめ:不安や心配で動けなくなる前に行動しよう

私は700万円以上の借金を抱えたことがあります。借金の返済だけで手いっぱいの生活を2年以上続けたので、生きているのが本当に辛かったです。

借金を返すために、カードローンで借金をするという多重債務者になったこともありました。

今考えるとよく乗り切れたと思います。当たり前のことですが、お金に対して、いくらや不安や心配をしてもお金は1円も増えません。状況が悪くなる前に、この記事の内容を実践して、ぜひお金の不安を解消してみてください。